おしらせ

- NEWS -

【院長ご挨拶】 神戸アーバン乳腺クリニック閉院にあたって

先般から、この9月末をもって当院閉院のおしらせを掲載しておりますが、
この度の閉院にあたりましてご挨拶申し上げます。

神戸アーバン乳腺クリニックは、平成19年3月に開院しましたが、
建屋契約上の制約があり、この9月末をもって閉院となります。

当院は、入院中少しでも気持ちを和らげていただきたいとの
岡本理事長の理念が込められた設計となっていました。
部屋は広く、2人部屋または個室であること。
そして毎食、みんなで同じ食卓を囲んであれこれと話しながら食事をしていただくため、
別のフロアに食堂を配置。
またお見舞いの来られた方たちともゆっくり話ができるように応接コーナーも設けました。

その甲斐もあり、年配の方からいろいろ話を聞き、知らないこともたくさん教えていただき、
また励ましていただいたりで気持ちが前向きになり、元気がでできましたという
若い患者さんのお話もよく聞きました。

手術日を同窓会日として毎年3-4人で食事会をされている患者さんたちのグループもあります。
手術と入院は精神的にも落ち込む状況ですが、そこから少しでも早く立ち上がっていただける環境を
提供できたのではないかと思っております。

過去15年間に、手術を施行した初発乳がんの患者さんは2,600名強、
また良性疾患等で手術を施行した患者さんをあわせ約4,000名の方の手術をさせていただきました。
この数字は、県下の公立総合病院での手術数に引けを取らないものです。
皆様から信頼していただいて得た結果と光栄に感じております。

10月以降、神戸アーバン乳腺クリニックでの手術はできませんが、岡本クリニック乳腺外科は存続します。
今後手術の必要な患者さんは、提携医療機関(神戸赤十字病院・神鋼記念病院)にて
我々主治医が責任を持って手術をさせていただきますので引き続きよろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、皆様のご健康をお祈り申し上げます。

神戸アーバン乳腺クリニック
院長 小西 豊

閉院のおしらせ

この度、諸般の事情により当院は、2021年9月末日をもちまして閉院することとなりました。

これまで当院をご愛顧いただきました患者様、関係者の方々におかれましては
長年にわたるご厚情に心から感謝申し上げます。

閉院後の手術対応(乳がん又は良性疾患)につきましては、提携医療機関(神戸赤十字病院・神鋼記念病院)にて、主治医が引き続き対応させていただく予定となっております。

詳しくは主治医にご確認ご相談ください。

なお、外来診療につきましては、岡本クリニック乳腺外科(中央区)にて継続してまいります。

 

TOP